心地よい風が吹く秋空の中、アキュラホームの住宅展示場に行ってきました。
本日は、アキュラホーム森野営業所長の三島さんと二級建築士木造ハウジングコーディネーターの野中さんにお話しを伺うことができました。

40周年を迎えたアキュラホーム!
アキュラホームというと、“和我家”のフレーズから和テイスト住宅のイメージが強い方も多いのではないでしょうか。
最近は、プロバンス風やリゾートデザインハウスなども建てているようですね。

さっそく展示場に入ってみました。
和テイスト感とは違う、素敵なシンプルモダンな温もりを感じる空間が広がっていました。

玄関には「バックヤード」が設置されていて、上手に収納をアシストしてくれるような空間が用意されています。

散らかりがちな玄関では、とても優しい心遣いですよね。これならいつお客様が来ても安心です。

そしてその先には、一家団欒を大切するためのリビングやダイニング。

リビングではモダンインテリアになじむ暖かいカラーウッドを使用しています。
その先にはステップフロアから広がる開放的なリビングがあり、まるでホテルにいるような気分にさせてくれます。
快適に家族と過ごすことで家族の会話を弾ませてくれそうですね。

隣には、主婦なら自慢したくなるような明るいサンルーム。

お友達との会話を一層楽しくしてくれることでしょう。最近は、お家でサロンやお教室を開く方も増えていますね。こんな素敵なサンルームでお教室できたら、皆さんも笑顔に包まれそうですね。
思わずワクワクしてしまう夢の空間です。

こちらは、家事の隙間時間を大切にしてくれる「ママステーション」です。

一日の大半を炊事場で過ごす主婦にとって、この空間は家事を楽しくするためのビッグアイテムです。清潔感がある白を基調としたスマート活用できる造りは、ボタニカルやオーガニック素材が良くあいそうですね。ホット一息つける時間を作ってくれることでしょう。

もちろん、収納も大切にしています。


整理整頓が苦手な方も、これなら安心。腰高の小屋裏収納は季節毎のイベント飾り・器具・洋服など多種多様に収納が可能になります。
収納にストレスを抱く主婦にとってはとても嬉しいですね。

そして、男の夢“書斎”です。

忙しいご主人様も一人で考えるスペースは必要ですね。夢がいっぱいの書斎は日ごろのお仕事の疲れも癒してくれて、いろいろはかどります。

まだまだ、こだわりのネタは沢山なんです。
「一枚板から繋がるクローゼット」・「素敵に奥様を演出してくれるダイニングキッチン」・「気に入った洗面台や輸入家具も取り付け可能なフレキシブル対応」などなど。

何故こんなにできるのか?
その秘密は、大工さんだった方が匠の心を大切にして造る住宅だからなんです。
沢山の心遣いや細やかさが隅々に出ています。

柔軟に対応してくれる住宅メーカー「アキュラホーム」は、新しい提案をご用意できるようにお客様目線で日々頑張っています。

是非一度、住宅展示場に足をお運びください。

理想のお家を叶えてくれそうです☆