毎年のようにクリスマスリースを手作りしてきましたが
今年は、今までにない贅沢で大胆なリースに挑戦。

教えていただいたのは、弊社のユーザー様。
フラワーアレンジメントのお仕事をされています。

ベースは大振りのもみの木、ヒバ、ユーカリ。
ポイントにハスのドライ、コットン、松ぼっくり。
カラスウリの赤を挿し色にしました。

時計に見立てて、2時、4時、8時、10時の位置にポイントを置くとまとまりやすいのだそう。

花材をグルーガンで付け終わったところで、仕上げのリボン。
バランスをみながら、先生にアドバイスをいただきます。さすがは先生、なかなか自分にはできない発想をたくさんお持ちで、とても新鮮。

スウェード風の細い紐を無造作にたくさん束ねて、長く垂らしてみました。
ナチュラル感あふれるオンリーワンの作品になり、とても気に入っています。

手作りの面白さは、それぞれの個性が出るところ。
きちんとまとめたり、大胆に遊んだり、シンプルに仕上げたり。

一緒に参加した方の作品も、驚くくらい違った仕上がりに。
感想を言い合いながら、ワイワイおしゃべりするのも楽しいひととき。

針葉樹の良い香りに包まれながら、リフレッシュした時間を過ごしました。

少し早いですが、素敵なクリスマス、よい新年をお迎えください。