プロジェクトの説明


長年の都心暮らしを離れ、住み心地にこだわった、理想の家を手に入れたご夫婦。
全室に「呼吸する壁」とも呼ばれる漆喰がほどこされた、夏は涼しく、冬は温かい、素晴らしく快適な住空間。
この理想の家を建てるための土地を探されている時に、かりん不動産にお越しいただけました。
ご夫婦へのインタビューをお届けします。

親身になって戦ってくれる、不動産屋さん

– 土地の取得にあたり、競合相手がいたそうですね。

ご主人様
はい、大手の仲介業者さんが競合相手でした。

渡部 ( かりん不動産 )
先方は、この土地を2つに分けて売るつもりだったようでした。 2つに分けた方が、仲介業者側としては、手数料を多く得られる仕組みになってるんですね。 その場合、儲けだけを考えると、私達側は不利になるんですよね。先方は良い条件 で強気の交渉条件を出せますから。

– 理不尽な理由で、断られたりすることもあるそうですね。

渡部 ( かりん不動産 )
今回は、こちらが先に申し込みをしていたので、筋は通してもらいたいということで 交渉をしたのですが、なかなか大変でしたね。 安原様には、この土地を大変気に入っていただけていたので、がんばって交渉しました。

ご主人様
おかげ様で土地を取得することができました。それ以外についてはトントン拍子で、スムーズに手続きを進めることができました。

土地勘のある、地元の不動産屋を探していた

ご主人様
土地勘のある、地元の不動産屋さんが良いと思って、探していたんですよ。 地元のことをよく知っている不動産屋さんだと、いろいろ安心だと思いまして。家の建築を依頼している相陽建設さんに紹介いただいたのが、かりん不動産さんを 知ったきっかけでしたね。

– すぐにお店にいらしゃったのですか?

ご主人様
いいえ、インターネットでずっと、物件を検索していました。他の業者さんともやりとりをしていましたね。
南向きで、周辺環境の良い土地を探していたのですが、Google Map のストリートビューという機能を使うと、下見をしなくてもある程度、周辺の環境が見られるんですよ。とても重宝しましたね。

奥様
おかげで、この土地を見つけた時は、周辺には緑が多くて、裏には竹林もあることまで、下見をする前に分かってたんですよ(笑)
それで、かりん不動産さんに連絡をさしあげたんです。
実は、かりん不動産さんのブログを拝見した時に、インスピレーションで、ここにお願いできるといいなと直感で思ってたんです。でも、土地があってのことですからね、どうなるかしらと。女性の社長さんだし、ご縁ができるといいなと思ってたら、希望する条件にピッタリの土地が見つかりまして。本当によかったと思ってるんですよ。

– 実際に土地を下見された時は、イメージしていた通りだったでしょうか?

ご主人様
思っていた以上に、草が茂っていましたね(笑)
かりん不動産さんから、造園業者を紹介いただきまして、キレイにしていただきました。これから芝生も植える予定なんですよ。

奥様
最寄り駅からの道が、坂が多くて、これは無理だと最初は思ったんですよ。でも、上り下りの少ない近道を教えていただいたら、まったく大丈夫で安心しました。土地勘のある方に聞くのが一番ですね。
かりん不動産さんのブログで紹介されていたコーヒーショップは、お気に入りのお 店になりました。
前の持ち主さまが、いろんな植物を植えられていたようで、ついこの間は、思わぬ場所から水仙の芽が出てるのを見つけてビックリ(笑)
裏の竹林が気に入ったので、キッチンの窓や、お風呂の窓から見えるように設計してもらったんですよ。心地よい風が入ってきて、最高なんです。

ご主人様
望み通りの土地で、家を建てられることができてよかったです。

– どうもありがとうございました。