束の間の夏休み、那須へ出かけました。

いくつもの森のトンネルを抜けて、たどり着いたのは
‘JARDIN BLANC’(白い庭)
クリエイター、RARI YOSHIOさんのアトリエ。
2007年から那須にご自宅を移して活動されています。

ご自身が迎えてくださったそこは、白い世界。
タンポポの綿毛やユーカリの実、
白いキャンバス、繊細なキャンドル、
ボトルカバーの毛糸、フェルトのガーランド..

そしてRARIさんといえば、の
可愛らしいウサギの作品があちこちにちょこんと。

ひとつひとつ丁寧に作られた作品から
自然の美しさと、RARIさんの温もりが溢れていました。

   

   

初めて彼女の小さな本に虜になったのは、もう20年も前。
イベントに出かけたり雑誌でお見かけすることはあっても
ご本人にお会いしたのは初めてで
感激するばかりの私に

気さくにお話してくださって
お茶のおもてなしまでいただいて、その上
たくさんのお土産までくださって…

夢のような、ひとときでした。。

今後はお花をテーマにした作品が増えるそうで
9月に代官山蔦屋で新刊のイベントがあります。

自家製のラベンダーのポプリに
アナベルやニゲラのドライはおまけ
ブルーベリーやブラックベリーもお庭で採れたもの
直筆のメモも..捨てられません!

一冊一冊丁寧に作られた黒いノート
カレンダーと小さなキャンドルはおまけ

RARIさんはこんな方です

dinosの連載
https://www.dinos.co.jp/garden/rari_yoshio/

公式ブログ
http://rari-yoshio.blogspot.jp

Instagramもご覧ください
@fleurguirlande